上位表示させやすく、稼ぎやすいキーワードを収集するソフト キーワードツール「無限」


販売終了致しました

サイトやブログのアフィリエイトのキーワード選びが劇的に楽になることはもちろん、

使い方を変えると成約率アップやメルマガ読者増も出来てしまいます。

是非最後までお読み下さい。


とにかく上位表示させやすくて稼ぎやすいキーワードが欲しい方も、
自分が狙っているジャンルの中から美味しいキーワードを探したい方も、

クリック1つで自由自在に収集してくる新発想の キーワードツールをお届けします。


サイトを作っても全然儲からないと嘆いている初心者アフィリエイターさん、
SEOの為の被リンク元サイトもどうせなら稼いでくれると嬉しいと思ってる
ベテランアフィリエイターさん、


もしこんなキーワードが、ソフトを起動させてるだけで
次から次へと集まってきたら…。


サイトを作っただけで上位表示されて稼げるのは当たり前だと思いませんか?


例えば、


・赤枠で囲った項目の意味

広告:該当のキーワードでいくつのPPC広告が出ているかを表しています。
    この広告の数により、稼ぎやすいキーワードかどうかを判断します。

インタイトル:ライバルサイトの数です。Yahooやgoogleで検索すると、
        検索結果○○○○○件と出ますよね。あの数値です。
        キーワードと無関係なサイトを排除して、
        ライバルとなるサイトだけをカウントする為に、
        サイトタイトルにキーワードが入っているサイト数を表示しています。

※赤背景部分がyahooの情報、青背景部分がgoogleの情報となります。

つまり、上記の画像では

広告がたくさん出ている需要のあるキーワードなのに、
ライバルとなるサイトは10サイト以下しかない

キーワードということになります。


ライバルサイトが10サイト以下ということは、
作りさえすれば、SEOがどうこうの前に、
どうやっても検索エンジンの1P目に表示されるということを意味します。


当たり前ですが、広告が出ていないような需要のないキーワードで
上位表示させても全く意味がありませんよね。

このツールは、

需要があるのにガラガラに空いている
上位表示させやすいのに、稼げるキーワード


を発掘してきます。

 



・項目の意味
実被リンク:上位10サイトの被リンク数の平均値です。
        SEOでは被リンクの質と量が重要な為、
         被リンク数が多いと上位表示は困難だと判断出来ます。

被リンクは上位表示させる為に最も重要なポイントですが、
競争が激しいジャンル(ダイエットなど)では、
被リンクが数百、数千とあるサイトばかりが上位を占めています。

素人がそんなサイトを作ることは困難ですが、
キーワード選びさえしっかり出来れば、
上位表示が難しいと言われているジャンルであっても、
被リンクを少し付けただけで上位表示出来るキーワードがまだまだ残っています。


ライバルサイト数を見てみると、10万件を超えるキーワードも存在しますが、
被リンクを見れば、どのサイトもSEOを全くかけていないということがわかりますよね。

このツールを使えば、ライバルサイト数の多さに惑わされることなく、
一発で上位表示させやすいキーワードを見抜くことが出来ます。




言うまでもなく、
一般的なジャンルでは、
それこそ使い切れないほどのキーワードが
山ほど眠っていることがわかるかと思います。


ちなみに…、
このツールはPPC広告を出す時に、
ライバルが気付いていないキーワードを探すことにも役立ちます。

もちろん、全く購買意欲のないキーワードであれば広告を出しても意味がありませんが、
ライバルサイト数が多いのに、広告が出されていないキーワードとなれば、
PPC広告を使って稼ぐ時に安い単価でアクセスを集めるのに役立つことでしょう。



面倒なことをすることなく、
ツールを動かしておくだけでこれらのキーワードを集めてくることが出来ます。

私はインターネットビジネスを専業として、
今まで数多くの教材やサービスを提供してきました。

その実績を認められて、セミナーの講師として呼んで頂いたり、
書籍の出版をしたり、雑誌に取りあげて頂いたりもしています。

私はかつて、毎日10時間以上もキーワードを調査する日々を送り、
数年前、キーワードに特化したアフィリエイト教材、
「キーワードアフィリエイト」を発表。

購入者の方の中から月100万円以上の
報酬を得るようになった方が出たり、
多くの成功例を残すことが出来ましたが、
その時から常々感じていたのが、
キーワードを探すのは大変だ…ということです。

 

上位表示しやすいキーワードでも稼げなければ意味はないし…

あっちを立てれば、こっちが立たず…。

稼ぎやすく、上位表示もさせやすい。
そんなに都合の良いキーワードを次から次へと見つけるのは、
いくら経験を積んでも大変なものです。


例えばダイエット系で良い広告を見つけて、
その関連のキーワードを調べようと思った場合、
まず、ダイエット+○○○という複合キーワードを調べる方が多いと思いますが、
関連キーワードサーチでパッと調べただけでもこれだの数のキーワードが存在します。

その数、約1300語



更に、類義語である、痩せる+○○○でもこれだけ…。

「ダイエット」と「痩せる」という関連キーワードだけで合計1800語もあります。

例なのでわかりやすいキーワードを選択しましたが、
当然、商品名であったり、ダイエットという語句を含まないキーワードも
候補に上がるでしょう。

単純にダイエット系のアフィリエイトをするといっても、
どんなキーワードであれば勝負が出来るのか、
これらの膨大なキーワードを調査しなければいけないのです。

ライバルサイト数はどれくらいいるのか、
サイト構造はどうなっているのか、
被リンクの数や質はどうなっているのか…。

キーワード一つ調査するだけで5分や10分はかかってしまいます。

1800語ものキーワードの中から、
稼ぎやすく、自分のレベルでも上位表示出来そうな
キーワードを自力で見つけることが出来るでしょうか・・・?

 


昔は、○○の部屋など、そういった名前でHPを公開している方が多数いました。
自分の趣味などを公開するページですね。

当たり前ですが、○○の部屋などでSEOをかけて上位表示させても
全く稼ぎにはなりません。

検索する方がいないからです。

あなたも赤の他人の趣味のHPをわざわざ検索して見に行かないでしょう。

だから、○○の部屋などでHPを作れば、検索エンジンで1位に表示させる
ことなど造作もありません。初心者でも出来ることです。

しかし、需要のないキーワードで上位表示されたところで何も意味はありません。

データを見れば一目瞭然ですよね。


太郎の部屋では当然稼ぎようがないので、広告数が0。

ライバルサイト数も少なければ、SEOをやっているようなサイトもない。
このようなキーワードで上位表示されても全く意味はない。ということです。

このツールは、稼ぎやすく、
上位表示しやすいキーワードを集めるからこそ意味があるのです。

上位表示しやすくても、稼げないキーワードであれば何の意味もありません。

 

一方、ダイエット、クレジットカード、FXなどなど…。

需要があって稼げるキーワードは、
大企業やトップクラスのSEO業者が、
個人にはマネの出来ないような大規模なSEOをかけている為、
そこに突っ込んでいっても中々稼ぎにくいのが現状です。


需要もあるけど、供給も多い。

だから上位表示させにくい。ということになります。

 

○○の部屋…など、需要がないキーワードは、
上位表示が簡単だけど、全く稼ぎにならない…。


ダイエットなど需要が多いキーワードでは、
上位表示が難しいからアクセスが集めにくく稼ぎにくい…。


SEOもわからないような初心者でも、
上位表示させやすく稼ぎやすいキーワードというのは、
中々見つからないものです。

 

さきほど、約1800語のダイエット系キーワードを掲載しましたが、
このページで紹介しているツールを使うと、
こんな風に明らかにバランスの狂っている、
普通の人が気付いていないキーワードをあっという間に
抽出することが出来ます。


競合が多すぎて稼げないと言われるダイエット系でも、
こんなキーワードがまだまだ眠っているのです。


ライバルサイト数100以下、上位10サイトの被リンク数の平均値が10以下、
あまりにもユルすぎるキーワードが、まだまだ眠っているのです。

 

が、初心者〜中級者の方に取って一番稼ぎやすいというのは、
誰もが納得することでしょう。

需要と供給が崩壊しているキーワードが、
いとも簡単に見つかるのが、
このキーワードコレクター無限の特徴です。



今ご覧頂いたように、あなたがダイエット系で美味しいキーワードが
欲しいと思えば、そのように集めてくることが出来ますし、
ファッションでも電化でもクレジットでも何でも、
あなたが希望するジャンルで美味しいキーワードを集めてくることが出来ます。

操作は簡単、例えばクレジットカード関係のキーワードを調べたい場合、
ツールに「クレジットカード」と入力。


ツールの機能に、「関連キーワード追加」という項目があるので、
これをクリック。

すると、このように関連キーワードが追加されます。

ここで、大体100語ほどの関連キーワードが集まってきますが、
これで足りないと思えば、
更に関連したキーワードを調べます。

すると、クレジットカード関連では2675語表示されました。  

キーワードを表示させたら、
あとは「実行」をクリックすればほったらかしでOKです。

時間がたつと、このように入力したキーワードの情報が解析されます。

・各項目の意味

広告 該当のキーワードでいくつのPPC広告が出ているかを表しています。
この広告の数により、稼ぎやすいキーワードかどうかを判断します。
インタイトル ライバルサイトの数です。Yahooやgoogleで検索すると、
検索結果○○○○○件と出ますよね。あの数値です。
キーワードと無関係なサイトを排除して、
ライバルとなるサイトだけをカウントする為に、
サイトタイトルにキーワードが入っているサイト数を表示しています。
YC 上位10サイトにいくつのyahooカテゴリ登録サイトがあるのか表しています。
登録サイトが5サイトも6サイトもあるようなキーワードは、
上位表示が難しいだろうという一つの基準になります。
0.3と表示されているのは、上位10サイト中、3サイトが登録サイトという意 味です。
PR 上位10サイトのページランクの平均です。
被リンクの量、質によりこのランクが決まりますが、
このランクが高いほど競合も強いという判断が出来ます。
実被リンク 上位10サイトの被リンク数の平均値です。
SEOでは被リンクの質と量が重要な為、
こちらも被リンク数が多いと上位表示は困難だと判断出来ます。

※赤背景部分がyahooの情報、青背景部分がgoogleの情報となります。


さて、このままではただ入力したキーワードの数値が表示されているだけですから、
ここから、あなたの希望通りのキーワードを探します。

赤枠で囲った部分の数字を操作すると、一瞬であなたが入力した条件に
当てはまるキーワードを表示することが可能です。

例えば、この表示であれば 
ライバルサイト数が10万件以下、
上位10サイト中、カテゴリ登録サイトが1以下、ページランク平均1以下、
被リンク数10以下という条件を設定したところ…。




画像に収まりきらないほど盛りだくさんに出てきました。

競合が多いクレジットカード関係で、被リンク数の平均が10以下しかない
キーワードがたくさんあるんですね。


被リンク10なら、SEOの土台がない初心者の方でも楽に上位表示出来るレベルでしょう。


いや〜、でもまだ不安…。

もっと上位表示しやすそうなキーワードないかな…。

と思えば、このままの条件で、
ライバルサイト数を思い切って50以下にしてみると…。


ライバルサイト数が50以下のキーワードもやっぱりありました。

ゆるいとか美味しいどこではないですね(苦笑)
これらのキーワードでサイトを作れば高い確率で上位表示出来る、
ありえないキーワードが、

激戦区と言われるクレジットカード関係のキーワードでも
まだまだ残っているのです…。

広告が出ているキーワードも多いことから、
上位表示させれば稼ぎに繋がるキーワードであることがわかると思います。


もしこれらのキーワードを自力で探そうと思ったら、
いったい何週間かかることでしょう…。

このソフトを使えば、ツールを動かしておくだけで、
あなたの希望通りのキーワードを自由自在に
探し出してくることが出来ます。



機能1は、狙ったジャンルの中から美味しいキーワードを抽出する機能でしたが、
機能2では、ジャンル関係なく様々なキーワードを解析して、
稼ぎやすいキーワードを抽出してきます。

こちらは更に操作が簡単で、
適当なキーワードを入れてツールを動かすだけで、
ず〜っとキーワードの自動収集・解析を繰り返します。


早速やってみましょう。

適当にショッピングとでも入れてツールを動かしはじめました。


ショッピングというキーワードの解析が終わると、
関連キーワードを自動で引っ張ってきて、
更に解析が進んでいきます。


あなたがPCの前に座って見張っている必要はありません。
ツールを動かしたらほうっておくだけです。


このまま放置して1日も立つと…。

ドレス関係のキーワードを解析していました(笑)


更にこのままほうっておいたら…
今度は留学系のキーワードを解析していました。



一度起動させただけで、様々なキーワードを解析してきます。

どんなキーワードを解析するかはランダムで決まりますので、
思いもよらないキーワードが多々出てきます。

さて、この中で美味しいキーワードがあるでしょうか…。

先ほどと同じく、ライバルサイト数50以下、カテゴリ登録1サイト以下、
ページランク平均1以下、被リンク10以下という、
ありえない条件でキーワードを抽出してみると…。


厳しい条件を設定したのに、
ユルいキーワードがゴロゴロしてますね。

何も考えずとも、ツールを動かしているだけで美味しいキーワードが
次から次へと出てくる。

それがキーワードコレクター無限の2つ目の機能です。

ツールをストップさせるまで、
延々とキーワードの収集と解析を自動で繰り返します。



良いキーワードが見つかったけど、
自分のレベルで上位表示出来るか微妙…。

相手はどんなSEOをやっているのか見て判断したい。
そんな時に使うのがこの機能です。

この機能を使えば、
該当のキーワードで上位のサイトがどの程度のSEOを
かけているのか一目瞭然です。


画像では上位10サイトを調査していますが、
設定により何サイト調査するかは自由に決めることが出来ます。


ライバルサイトがどんなページを作っているか、
どんなサイトから被リンクをもらっているかもわかるように、
ツールから直接画面を開いて確認することも可能です。


この機能を使えば、わざわざ一つづつサイトを確認して
競合サイトを調べなくても、あっという間に
自分でも上位表示出来そうかどうかを調べることが出来ます。

 


フェレットやgooleキーワードツールなどから集めたキーワードや、
購入したキーワードなど、
お手持ちのキーワードも、もちろん解析可能です。

コピペするだけで簡単に読み込ませることが出来ますから、
面倒な作業なく、すぐに手持ちのキーワードを解析することが出来ます。

 

ツールで解析したキーワードやデータは、
CSV形式にして出力することが出来るので、
解析したデータを他の方にあげることで特典にしたり、
スタッフに渡して作業してもらったりすることも出来ます。

操作は簡単、自分の希望通りのキーワードが集まってくる
ということはわかって頂けたと思います。

ただ、キーワードのデータを取得する際に、
頻繁にデータ取得元へ接続を繰り返すので、
解析のスピードがどうしても遅くなってしまいます。

解析スピードはツールで調節出来るので、
少ない数のキーワードを調べるだけであれば、
すぐに終わるのですが、
ずっと解析させ続ける場合はどうしてもスピードが
遅くなってしまいます。
(解析後に条件に合ったキーワードを表示させるのは一瞬です)

放置しておくだけなのでストレスにはならないと
思いますが、一瞬で解析出来ないと嫌だという方はご注意下さい。


もちろん、このデメリットを上回る価値を提供します。

それは…

今までご覧頂いたように、
このキーワードツールは、
条件に合ったキーワードだけを表示するのではなく、
一度全てのキーワードを解析した後、
条件に合ったキーワードを抽出するという作りになっています。


もしかすると、条件に合ったキーワードだけ探してくる仕様に
すればもっと早く効率的にキーワードを見つけられるじゃないか。

と思う方も居るかもしれません。

でも、それではダメなのです。

一度全てのキーワードを解析して、
データベース化するからこそのメリットがあります。



ツールを使うことで、こんな夢のような環境が出来上がります。

例えば、ダイエット系のサイトを作ろうと思った時、
「ダイエット」「痩せる」「痩身」など類義語から関連語まで
全部調べると2〜3万語ぐらいは出てくるかと思いますが、


これらのキーワードを全てツールで解析させておけば、

・ライバルサイト数が少ないキーワードが欲しい、
・ライバルサイトの被リンクが弱くて簡単に上位表示出来るキーワードが欲しい、

・広告がたくさんあって稼ぎやすく、上位表示が簡単に出来るキーワードが欲しい

など、あなたがツールで解析した膨大なキーワードデータの中から
すぐに希望の条件に合ったキーワードを引っ張り出してくることが出来ます。

 



最初は競合がゆるいキーワードを狙う方が多いと思いますが、
あなたの実力は時間と共に伸びていきますよね。

ある程度力がついた時、
競合のゆるいキーワードばかりがあっても意味がないでしょう。


上位表示が難しくても、
もっと稼げるキーワードで勝負したいと思うはずです。


今まではライバルサイトの
被リンクが10以下しかないようなキーワードしか狙ってなかったけど、
今度は被リンク50以下でも勝負出来るかなと。

そんな時、あなたがツールで作成したキーワードデータに、
希望の数値を入力すれば、一瞬で希望通りのキーワードを出してくれます。

このツールは競合の弱いキーワードを
探すツールだと思われる方が多いですが、

それは違います。

キーワードをデータベース化することで、
あなたのレベルに合わせたキーワード選びが出来るツールなのです。


     


すでに見て頂いた通り、
プロが凌ぎを削る激戦ジャンルですら、
あれだけユルいキーワードがたくさん残っているのですから、
一般的なジャンルでは比較にならないほど沢山のキーワードが
眠っていることがわかると思います。


そして、こうしてる間にもまた新しいキーワードが
世の中にどんどん生まれていますから、
美味しいキーワードがなくなるなどということは考えられません。
もちろん、昨日、今日話題になったような最新キーワードでも
関連キーワードを引っ張ってきたり、データを解析することが可能です。


また、このキーワードコレクターでは、
物販で稼ぎたい、アドセンスで稼ぎたいなど、
狙いを絞ってキーワードを収集してくることも出来ます。


例えば、
・申し込み ・販売店 ・口コミ ・激安 ・最安値 などなど、
購買意欲の高いキーワードを突っ込んでツールを動かしておけば
このようにキーワードを拾って解析してくることが出来ますし、




もっと直接的に、
・商品名 ・型番  ・サービス名
などを入れて関連キーワードのデータを解析することも出来ます。




ビリーズブートキャンプって(汗)
古いですが、一応わかりやすい例として・・・。

良い広告があっても、
どんなキーワードでサイトを作れば稼げそうなのかわからない時に使えます。

解析したデータから、自分のレベルに合った条件で
キーワードを抽出すればそれでOKです。
悩むことなく、購買意欲が高く参入がしやすいキーワードを決められることでしょう。




アドセンスで稼ぎやすいキーワードを探す場合には、
単純に解析したキーワードの中から、
広告数が多く、自分のレベルで上位表示出来そうなキーワードを抽出します。


抽出したらキーワードの検索回数を調べて、
その中から検索回数が多めのキーワードを選択すればOKです。

ちなみに、キーワード単体の検索回数が少なくても、
関連キーワードがたくさんあったりして、
総合的な検索回数があれば良いので、
該当キーワードだけでなく、関連するキーワードの回数も併せて見るようにしましょう。




という質問が必ず来ると思うので、先に答えさせて頂きます。

確かに、今までご覧頂いたようなライバルサイトが10以下しかないとか、
ライバルサイトの平均被リンクが5以下しかないとか、
普通に考えて絶対にありえないような甘すぎる条件のキーワードは
2語や3語の複合キーワードですから検索回数が少ない傾向にあるのは事実です。

ただ、それだけ「目的が絞られたキーワード」ですから、
成約率が高いのも事実です。


わかりやすい例だと、「ダイエット」というキーワードで検索してくる方は、

・運動方法を知りたいのか、
・食事メニューを知りたいのか、
・器具が欲しいのか、
・サプリメントが欲しいのか、
・総合的に痩せたいのか、
・部分的に痩せたいのか、
・テレビで紹介されていてダイエットの情報が知りたいのか、

目的が絞られていないので、
アクセスしてきた方に何が売れるのか全くわかりません。

しかし、「ダイエット サプリ コエンザイム 通販」ぐらいにまで
絞られていれば、高い確率で成約するのは目に見えていますし、
何を紹介すれば売れるのかが一目瞭然ですから、
サイトを作るのも楽です。

100アクセスで1本決まって報酬が発生するキーワードが良いか、
20アクセスで1本決まって報酬が発生するキーワードが良いか、
一概に検索回数だけで稼ぎの額が決まるほどインターネットは単純ではありません。




さきほども言ったように、
ダイエットなどのビックキーワードを狙ってサイトを作ったところで、
プロのSEOチューナーには敵いません。

もし、検索回数が少ないキーワードで稼げるということが信用出来なければ、
月額100万〜 以上稼いでいるような人たちに聞いてみると良いでしょう。

検索回数が少ないキーワードじゃ稼げないよ!
と言うのは、
トップSEOチューナーか、ただの素人か、どっちかです。

SEOのスペシャリストは、ビックキーワードで上位表示出来るから、
細かいキーワードを拾わなくても稼げるよって意味でそう言うと思います(笑)

あなたが、SEOのスペシャリストでないのであれば、
検索回数が少なくても、稼ぎやすいキーワードが必要になります。


ちなみに、私が最初にアフィリエイトを始めた時には、
ビックキーワードは狙わずに、複合キーワードを徹底して
攻めたことで3ヶ月で月50万の報酬を突破しています。

参考 キーワードアフィリエイト http://kwd-aff.com/

もちろん、いつまでもユルいキーワードばっかり狙って稼ぐことは
ありませんから、いずれはビックキーワードにも挑戦
してほしいところですが、
最初は稼ぎやすいキーワードから狙っていったほうが結果が出やすいのです。

ちなみに、アドセンスで稼ぐのであれば、
ツールで上位表示が出来そうなキーワードを抽出した後に、
キーワードの検索回数を調べて、
その中から検索回数が多めのキーワードを選択すればOKです。



美味しいキーワードが集まってきても、一体どうやって稼げばいいの??
という質問を良く頂きますので、
キーワードからの稼ぎ方の一例を紹介させて頂きます。




競合サイトのSEOが弱ければ、 上位表示することは簡単です。

作った後、何もしなくてもすぐに3位以内を取れるキーワードは山ほどあります。

このキーワードを狙ってサイトを作ることで、
短期間に多くのアクセスを獲得し、
アフィリエイトなどで稼ぐことが最もシンプルな方法でしょう。


私がアフィリエイトを始めた頃は、
このようなツールはなかったので、
キーワードを手作業で探していましたが、
この方法を使うことで、全く稼げない状況から
わずか3ヶ月で月50万の報酬を得るまでになった経験があります。




ダイエットなど競合のSEOが強いキーワードでは、
普通の人が上位表示させるのは難しいということは言いましたが、
上位表示が難しい最大のポイントは被リンクが集められないことにあります。

そこで、SEO業者などは順位を上げたいサイトへリンクを送る為だけの
サイトを膨大に作ったりもする訳ですが、
個人がやるには少し大変な面があります。

何より、最初のうちは収益を生まないサイトを作り続けることに
モチベーションが上がらないでしょう。

そこで、最初は上位表示しやすく稼ぎやすいキーワードを狙って
サイトを作りまず収入を確保。


そのサイトをSEOに利用して今度は中規模キーワードに参入、
最終的には上位表示が難しいビックキーワードを目指すというモデルです。


これならば、稼ぎながらSEOの土台を築いて次々に
ステップアップさせていくことが出来ます。


このモデルは、最初に競合の弱いキーワードを探すのが面倒で難点でした、
しかし、ツールを活用することでこの面倒な問題も簡単にクリア出来るので、
ツールを手に入れた方には是非オススメしたいモデルです。




すでに月50万〜 程度稼いでいらっしゃる方は、
SEOでメインサイトの順位を押し上げる為に
メインサイトへリンクを送るサイトをいくつもお持ちだと思いますが、
どうせならリンクを送る為だけのサイトも稼いでくれると嬉しいですよね。

このツールならば、順位を上げたいサイトと同ジャンルのキーワードの中から、
稼ぎやすいキーワードを簡単に探すことが出来るので、
SEO用サイト兼収益サイトという理想の構造を作ることが出来ます。




キーワードを解析すると、PPC広告がたくさん出ているキーワード、
全く出ていないキーワードがすぐに見つかりますので、
簡単にライバルが見つけていない穴場キーワードを探すことが出来ます。

また、ライバルサイトのSEOが弱いキーワードであれば、
PPCアフィリに使うような5分〜10分で出来るペラサイトでも
作っておけば上位表示される可能性が高いので、
PPCと検索エンジン経由からのアクセスとで
収益が生まれる機会を増やすことが出来ます。



ツールで解析したキーワードはCSV形式で出力出来るので、
あなたがネットビジネス系の教材を販売したり、
アフィリエイトしているのであれば、
解析したキーワードを購入した方に差し上げることで、
他の方との差別化となり成約率アップが見込めます。

 


競合サイトが弱いキーワードリストなどは、
いつの時代でも喜ばれるコンテンツです。

そのキーワード作れば稼げるお金のようなものですからね。

キーワードリストは人気があるので、
無料レポート等で配布することで、
ネットビジネスに興味のある読者を大勢獲得することが出来ます。

 


美味しいキーワードを見つけると、
サイトを作るだけで稼げてしまうことから、
キーワードはお金と同等に扱われることがしばしばあります。


どんなキーワードの達人でも、
このツールより早く、大量にあなたの希望通りの
キーワードを探してくることは出来ないでしょう。


キーワード発掘の専属スタッフを雇えば、
少なくとも1ヶ月に20万は払うことなるでしょうが、
このツールは毎月の人件費も何も必要ありません。

一度手に入れてしまえば、
ずっとあなたの為に24時間働き続けます。


好きな時に、好きな条件のキーワードを、
自由自在にデータベースから引っ張り出せるツールは、
14800円で手に入ります。



販売終了致しました


ツール動作環境: windows xp、vista

.NET Framework3.5 SP1使用
こちらがPCにインストールされていない場合、
本ソフトインストール時に自動的にインストールされます。
インストールはワンクリックで出来ますので、
難しい作業は必要はなくご利用を開始して頂けます。
※macでは使用出来ませんのでご注意下さい。     

ソフトウェアはダウンロード版になります。
付属操作マニュアル64P



そんなものはないでしょうが、
かなり高い確率で成功出来るのではないかという方法は存在します。


なんだかウソくさい話しですが、
至って真面目な話しです。

別に魔法のような方法でもありません。

至ってシンプルながら、
ここさえ抑えておけば、
多くの方がネットでお金を稼げるだろうなと。


経験から来る確信があります。




その原因は、
「次に何をすればいいかわからなくなる時間」
があるからです。

・ブログを作ろう→どこのサービスを使おう?
・ブログを作ったけど稼げない→何が原因なんだろう?
・アクセスが少ない→何をしたらいいんだろう?

なぜ?が続くと人間は嫌になります。

そのうち作業が面倒になって動画を見たり、趣味のページを見たり、
関係ないことをやり出してあっという間に一日が終わっていく。


やる気はあるけど、全然作業が進まない。
そんな経験があると思います。



今までご覧頂いたように、
あなたが指定したジャンルでキーワードを探すことも出来ますし、
不特定ジャンルからキーワードを探すことも出来ます。


ツールを動かしておけば、
自動的にあなたに合った稼ぎやすいキーワードを届けてくれる。
そういうツールです。



ということは、

「次にどんなキーワードでサイトを作ればいいかわからない」
「どんなキーワードでサイトを作ったら稼げるのかわからない」

と悩む事がなくなるということです。

キーワード選びに置いて、
「次に何をしたらいいかわからない」
という時間をなくせば、あなたの作業効率とやる気が劇的にアップすることでしょう。



あなたが日本トップクラスのSEOチューナーでないのであれば、
ネットで稼ごうと思う以上、
結局キーワード調査をしなければ稼げません。

たまに、キーワード選びをしないで稼げる。

ということも聞きますが、
そのカラクリは、膨大な量の記事を書いて
ロングテールで稼ごうというだけのものです。

稼げるかどうかもわからないものに、
100記事も200記事も書く気力よりも、

効率良く稼げるキーワードを探すほうがよっぽど楽だと思いませんか。




このツールは、あなたのキーワード選定能力を必要としません。
データという客観的な数値で、
あなたのレベルで上位表示出来そうかどうかを判断することが出来ます。


しかし、競合がゆるいキーワードを探してくるだけのツールではありません。
あなたのレベルが上がれば、
それに合わせてまた、あなたにピッタリなキーワードをツールが探してきます。


好きな時に、好きな条件のキーワードを、
自由自在にデータベースから引っ張り出す…。

どんなキーワードでサイトを作ればいいか悩むことがなくなり、
キーワード調査にかかる時間も手間もなくなる…。


このツールは、あなたの大切な時間を奪うことなく、
スタッフを一人雇うのと同等以上の働きを
してくれることでしょう。

ムダな時間とお金を使うことなく、
キーワードを見つけて稼ぎたい方は、
このツールを試して下さい。


その威力に驚かれることでしょう。

 

Copyright e-flags キーワードコレクター無限. All Rights Reserved.
45 dummydummy dummy dummy